MEDICAL

女性に人気のある医療事務の仕事と研修とはどういった内容か

● SITE MAP ●

医療事務のお仕事内容とは

医療事務の資格を取れば、さまざまな職につくことができます。医療関係で働きたい人は、必須の視覚と言っても良いでしょう。薬剤師さんのサポートなどもできるようになるため、ドラッグストア、医療機関などでも欠かせない立ち位置です。基本的な作業はパソコンを使って入力を行うことになります。もちろん多少は接客なども行うことになりますが、少し専門的な事務作業になるのでお店などに立っている人よりも事務がメインです。
どのような薬を出せば点数がいくらになるのか、いろいろな計算などを覚えなければなりません。ですが、医療事務を学ぶためには学校に通うこともできます。中には就職支援の一環で、若い人に無料で医療事務を教えてくれる研修制度などもあります。
お金をもらいながら学べるような研修システムも、国や県で用意されているケースがあるので学びやすいことが特徴です。もちろん医療事務の資格だけに限るわけではありませんが、就職先を探している人にとっては役立つ研修制度です。
医療事務の資格を取ってから仕事を探し始めることで、格段に採用の確率も上がります。正社員からパートまで、多くの雇用形態が用意されていることも魅力です。まずは半年から1年程度の講座を受けてみるのも最適です。

医療事務の資格を所有している人の研修

医療事務は医療機関で受付をしたりカルテを記入したり会計を行ったりする業務を行いますが、就業する際には必ず何らかの資格がいるわけではないです。医療事務未経験で資格がなかったとしても勤務をすることは可能です。
ただし医療事務の仕事を行う場合は、診療報酬の計算や医療専門用語など覚えておかなければいけないこともたくさんあるので、大病院では定期的に医療事務向けの研修を行いますし、個人の医療機関でも個別に先輩医療事務担当の職員が研修を行うことになります。
ただし医療事務の経験者であったり、事前に通学や通信教育などで医療事務についての勉強をしている場合には勤務するためのスキルがある程度身に付いているとみなされて研修自体がないこともあります。その場合は勤務しながら必要なことが出てきたら指導を受けることで研修代わりにする、もしくは通常の研修と比較して技術面に関することをある程度省略して行われる場合もあります。
研修の内容については医療事務の勤務に必要なスキルだけでなく患者に対する接遇や電話対応などについても行うことがあり、医療機関で働くという自覚をしっかり持ってもらうためにも必要なものであるといえます。

スキルが身につく最強の医療事務の研修

病院勤務の中には医師や看護師の他には、医療事務と呼ばれる経理があります。清算するときに奥で作業している方が医療事務者であり、こちらも実は研修を経て各病院へ勤務しています。医療事務の研修制度は病院ごとの方針に沿って行われていくことから、指導者の話を慎重に聞く姿勢が大切です。早めに仕事のノウハウを学習していくことにより、病院スタッフの一員として花開くことができるからです。女性の割合が高い分野であるため、資格を取得しながら医療事務を目指すことも可能です。
研修では医療独特の用語に関した内容や患者ごとに振り分けられたデータの扱いを注目され、最近では事務以外にもアドバイザー的な役割まで任されています。医療は高度な技術が常に繰り広げられた場所であることから、慎重に内容を見極められるスキルが大切です。
大きな病院では多くのスタッフがそれぞれの持ち場で仕事をしているので、スピーディーな対応ができるかが焦点となってきます。新人の頃は仕事を覚えるだけで精一杯になりがちですが、人のスキルを習得していけば長期的な採用が見込めます。そのため医療事務として成功したい人は、親切な心をとにかく覚えておくことが重要なのです。


しっかりとした医療事務の研修は行っていますか?心配になる研修を任せることで、よりスムーズに他の作業が進むのです!医療事務の研修ならGLANZに任せましょう!全国どこでも研修や指導が可能です!お気軽にご連絡しましょう!またGLANZでは、主にクリニックのコンサルや人材育成に特化しているので、医療事務の資質の向上と自立を担ってくれるのです!

眼鏡の男性

医療事務の仕事に採用となり研修をした話

ネットの求人サイトに医療事務の募集がありました。前から興味があった仕事なので応募してみた所、採用してもらうことができました。その時に面接官をしていた院長が、明日からしばらく研修をしますと言ったので頷きました。翌日、病院の受付に名前を伝えると、話を聞いていますと言って研修を行う場所へと案内してくれました。そこは広々とした部屋で、古いレジや旧式のパソコンが置いてありました。1人取り残され…

診察する医者

深く知ろう!医療事務の研修をする必要性について

例えば病院に医療事務としてベテランが採用され、研修をせずに働き始めたとします。元仕事経験者だったとしても、すぐには周囲にいる同僚達と会話をするのは難しいです。なので、働き始めると逆に病院内の雰囲気が悪くなると予想されます。逆に同僚達と仕事の連携をするような研修をすれば、会話のきっかけが出てくるので、仲良くなりやすくなります。そして、研修を終えて働き始めれば、堅実なチームワークで病院を盛り立て…

男性の医者

私が医療事務の研修で良いことを沢山学んだ話

新卒採用となり医療事務の仕事を開始した時の事です。最初に研修をしたのですが、私はレジを打ったことがなかったせいか、上手く数字を入力することができなかったです。ネタになると感じたので、その結果をスマホで撮影しSNSに投稿しようと思いました。その時、私にレジの教育をしていた副院長が、私の姿を見て怒り出しました。そして、大学生気分で仕事をしてもらっては困ると言った後、医療事務の大切さのこと…

女性の医者

医療事務の研修で散歩をさせる理由とは?

病院で通っている人間が必ず相対すことになる受付の方。その方達は病院に通う医療事務の方が対応することがほとんどです。医療事務とは医療点数の計算から始まり、受付の対応、患者さんの病状を聞いて最適な科を案内するところまで、様々なスキルが必要になってきます。しかし、その医療事務になるために行う研修で散歩を行うところがあるそうですが、どういった理由で行っているのでしょうか?基本的な知識として医…

● 最新情報 ●

2017年08月23日
医療事務の研修で散歩をさせる理由とは?を更新しました。
2017年08月23日
私が医療事務の研修で良いことを沢山学んだ話を更新しました。
2017年08月23日
深く知ろう!医療事務の研修をする必要性についてを更新しました。
2017年08月23日
医療事務の仕事に採用となり研修をした話を更新しました。
TOP